自己破産は何度でもできるのでしょうか?

“一昔前までは、貸金業者からお金を借り入れすると言うのはダーティーなイメージがあり、家族や友人に借金を申込み、断られて仕方無く借りるという人が多いものでした。ですが法規制が強化され、悪質な貸金業者が少なくなった上に、カードローンやキャッシングで手軽に借り入れが可能となりました。その結果、最近ではサラリーマンやOLといった普通の人達も、不足した生活費を補うといった目的で借り入れを行っています。
そんな風にカードローンやキャッシングで、業者からの借り入れが手軽かつ便利になった一方で、手軽過ぎるが故の問題も起きています。というのもカードローンやキャッシングは審査に通ってしまえば、後は近所のコンビニやatmで、直ぐに借り入れ可能だったりします。お陰で借金をしているという感覚が薄れ、何だか自分の口座からお金を引き出している様な気分になってしまうのです。その結果、借り入れし過ぎてしまい、気が付くと借金が膨れ上がるという事態に陥ってしまいます。
リボ払いの危険性に気づいていない方が多すぎる
そういった形で借金問題に陥った際は、法律事務所に行き、出来るだけ早く解決策を模索すべきです。そしてその解決策の最終手段として用いられるのが自己破産です。借金返済が困難だと見なされた場合、自己破産する事で、返済するという義務から解放される事が出来ます。ただし自己破産は、財産を没収されたり、個人信用情報に事故歴が記されるため、凡そ7年程は新たな借り入れは出来ない等のデメリットがあります。
更に自己破産して借金返済から逃れる事は、何度も可能か、という疑問ですが、法律上、7年内の再度の破産は出来ないという規定はあるものの、回数制限はないです。ですが、破産歴がある人が再度自己破産しようとしても審査が厳しくなるので、現実問題として、破産は一生に一度だけ、と考えておくべきです。”