どうしておまとめローンができたのですか?

一般におまとめローンと言われるローン商品が対象にしているのは、無担保融資やクレジットカードのリボ払いなどのローンです。これらの債務を一本化しようというものですが、当然担保のある自動車ローンや住宅ローンは対象になりません。担保のあるローンの一本化は担保処理が面倒なので事実上できないのです。
アメックスゴールド 審査
そのため、まとめることができる対象は限定されますが、おまとめローンを必要としている人の多くはクレジットカードのリボ払いや消費者金融のカードローンが溜まりすぎたというケースが多いので、多くの場合は支障なくおまとめローンに一本化することが可能です。このような無担保ローンは、担保が設定されていないため利率も高く、融資限度額も少ないことからまとめることによって利率も低くなり、返済額も少なくなります。また、返済までの道筋がキチンて出来上がりますから、意志の弱い人でも完済に向けて進むことができます。
このようなおまとめローンは、借金をまとめることで返済が楽になり、完済までの道筋が明確化されるため、いいことばかりのように見えますが、案外落とし穴があります。まず、1点目はおまとめローンを設定すると、それ以後の新規の借入が事実上できなくなります。金融機関側としては、一本化することでローンを完済させようとしているわけですから、これ以上借入金が増加したら困るのです。そのため、貸付条件としてこれ以上の債務を作らないことや、「協力者」として親族等で監視役を作らせたりしているのです。
次に一本化することで、現在も続いているグレーゾーン金利の返還請求が難しくなることです。完済してしまうと往々にして今まで支払っていた利息のことを忘れます。解約時に返還請求をすればいいのにできないまま終わってしまう可能性があるのです。