闇金の回収手段は多種多様です

どんなに脅しても払えない人からは回収できないのではないかという人がいるようです。
キャッシング
このように考えるのは闇金の回収手段をご存じない方のようです。一般的な貸金業者はその人の収入から回収は無理だと判断されたり、自己破産したりすると貸倒として処理してしまいます。しかし、闇金は回収の手段を選びません。例えばグループで闇金をしているケースだと、まず090金融のような「戦闘的」な闇金が積極的に電柱などに張り紙をして貸し付けをして行きます。払えなければ当然執拗な嫌がらせと脅しをします。ある程度相手が参ってきた頃に、グループ内の「ソフト」な闇金が融資の電話をします。一般にソフト闇金と言われる闇金は、穏やかな口調で相手を安心させ、相談に乗るふりをしたり、回収に必要な金額以上に「生活費も必要だから」とお金を貸してくれます。このようにされると警戒心の強い人もすぐに安心してしまってお金を借ります。最初の「戦闘的」な闇金にお金を返して、とりあえず一息つけます。しかし穏やかな日は2週間程度です。今度は「ソフト」闇金が回収に来ます。当然そのような人は返済などできませんから回収を待ってほしいと頼むはずです。「ソフト」闇金の回収手法はソフトですから、嫌がらせも脅しもしません。また悩み事を聞いてあげたりして相手を安心させたうえで、通帳を作らせたり携帯電話を作らせたりするのです。気の利いた担当者だと「最近の申込はネットだから自分が手続をします」と言って免許証を借りることもあります。この段階で白紙委任状を渡したようなものですから、何をされるかわかりません。免許証のデータは個人情報として有用なので、これがあれば勝手に偽名でアパートを借りたり、預金を作ることが可能になるのです。