家族に内緒で債務整理の相談をしたい

自己破産の目的は、背負いきれない借金を一度すべてゼロにすることで、債務者の人生をやり直させることです。その前提条件として、債権者に対し、自己破産をするため債務を全て免除させてもらうと通知をする必要があります。もちろん、同時に債権者の異議申し立ての機会を設けることもその目的の一つです。
消費者金融
しかし、自己破産者の借金は、その全貌を把握することが難しいことが多いです。往々にして自己破産をしようとする人は自分の借金がどれだけあるかを知りません。手当たり次第に借金をしているため、どこから借りたか覚えていないこともあるのです。そのため、自己破産の申請をする際には、あらかじめ信用情報機関で借金調べをすることが必須です。
万が一、自己破産の対象から漏れている債務が把握された場合、その債務は免除されません。自己破産自体の効果がなくなる可能性もあります。なぜなら、すべての債権者に対して通知をして異議申し立てをさせるという手続きを踏んでいないためです。もちろん、細かい瑕疵で自己破産自体が効力を失う事はありません。しかし、借金調べから漏れた債権者は自己破産の申請があった事も知らず、異議申し立ての機会もありません。それで債務免除を簡単には受け入れることができないのは当然です。
このような問題を生じさせないためにも、自己破産申請の際には、借金調べが非常に大切になります。自己破産の手続は、ある意味定型化されており、弁護士が条件に合致していると判断したら裁判所も形式審査だけで認めてしまうのです。しかし、借金調べの対象から漏れた債権者がいる場合は、後始末が非常に面倒になります。自己破産を申請するのであれば、自分の借金調べを完璧にする必要があります。