着手金

自己破産と民事再生の違い

自己破産も民事再生も債務整理の方法の一つであるのです。
自己破産の場合も民事再生の場合も申請は裁判所を相手に行うことになるのですが、民事再生の場合には、借金が完全に免除になるわけではないのです。
借金の一部の返済が免除になることになるのです。減額した借金をその後きちんと返済していく必要がでてくるのです。つまり、そのためには一定に収入が必要になってくるのです。ですから、一定の収入が無い場合には民事再生は認められないことに成ってしまうのです。一定の収入があったとしても、借金の総額が非常に多い場合にもやはり、民事再生の手続きを行うことが出来なくなってしまうのです。
一方で、自己破産というのは、一定の収入が無くても行うことが出来る債務整理の方法であるのです。
沖縄 お金借りる
更には、自己破産の手続きをおこなえば、完全に借金を消滅させることもできるのです。自己破産を行う場合には、自分の持っている財産をすべて手放す必要があるのです。(もちろん生活に必要なものは手放す必要はありません)
民事再生での債務整理を行ってみて、不可能である場合には自己破産の手続きを行っていくことが一般的な方法であるのといえるのです。
民事再生の場合でも自己破産の場合でも、それを行った後には、ブラックリストに載ってしまうことになるので、5から7年間は新たにローンを設定することが出来なくなってしまうのです。
一定の収入が無くても、自己破産の手続きを進めていくことは可能であるのですが、その後の生活をどのように行っていくのかの経済的なプランをしっかり定めておく必要がでてくるのです。